超過激で積極過ぎる女性上位の体位に少し引いてしまいました

超過激で積極過ぎる女性上位の体位に少し引いてしまいました

セックスに対する積極性は女性によって様々です。AVでは必ずと言ってよいほど女性はフェラをしますが、そんな事は、はしたないと嫌う女性もおり、そうした女性はマグロの様に仰向きに寝て、ただ男性を受け入れるだけで、極めて受け身な事が多いものです。 こんな女性は、セックス好きには少々物足りなく、女房なら長くかけて調教する手もありますが、遊び相手なら2度とお断りと言う男性が多いのではないでしょうか。

一方で、フェラも当たり前の様に行ってくれるけれど、胸などに舌をはわせていると、その頭を下腹部に押してクンニを要求する女性もいます。こんな女性は自ら好きな体位で迎え入れようとしたり、バックで男性がもたついていると、尻を振って早く入れる様に催促をしたりもします。更に主導権を男性だけに取らせるのではなく、女性上位で積極的に腰を動かし、自分のペースで果てようとする事もあります。 最初は男性主導で花を持たせ、男性が疲れて来ると自らが主導権を取り、お互いに楽しもうとする女性とのセックスは男性にとっては理想でしょう。私の場合も、この程度の積極性が嬉しいですネ。

しかし、この女性の積極性が更に進むと、セックスが単なる運動の様に思えて少し引いてしまう場合があります。私が経験したのは、普通の女性上位の体位ではなく、男性の両足を自分の肩にかけ、無抵抗な男性のそそり立つものを自分のあそこに突き立てる体位です。屈曲位の裏返し的な体位で、自由を奪っている事が征服欲を満足させる体位です。ここまで征服欲を持ち、しかも中腰の体位で腰を上下する姿を下から眺めていると、何となく淫乱さが薄れ、体操や運動をしているように思えて少し興ざめでした。

何事もほどほどと言う事でしょうネ。男性も女性にこんな気持ちを抱かせないように、相手を見て過激さの匙加減が必要と言う事です。

風俗求人・バイト募集【はじめての風俗アルバイト】